かんせ〜い!!

緑が丘の家が完工し、見学会を行わせて頂きました。

c0085722_20475977.jpg


緑が丘の家は、敷地が道路から引き込まれている「旗状敷地」の
典型的な敷地で、旗状敷地の場合、四方が隣地と接するため、
囲まれた感じになりやすく、またアプローチの展開数もそう多くは拓けないのです。




c0085722_20503354.jpg


緑が丘の家の場合、南西側に旗の竿の部分、敷地延長の部分が来ており、
南側にはマンションと、1階は夜遅くまでやっているレンタルビデオ店。
西側は1段下がってお隣の家。
東側は擁壁を挟んで1段あがってアパート。
北側も1段あがってお隣の家と、四方完全に囲まれている。
しかし、南東側にのみマンションの駐車場を挟んでかろうじて視界が開けており、
この開けた部分を軸にプランを進めていきました。

c0085722_20543566.jpg


敷地延長部分から玄関へのアプローチも、
どうやってもどこかの部屋の前を通る事になり、
外搆の計画が非常に難しい。
どちらかに振ると反対側は完全に死んでしまうし、あまり収まりが良くない。
ということで、思い切って正面ど真ん中に玄関を配置。
結果、玄関とデッキが繋がるようなプランとなりました。

c0085722_20573191.jpg


かろうじて開けた南西側に向けた開口。
1階はLD、2階はフリールームの窓がきています。

c0085722_20584377.jpg


1階LD。
開けている南西方向へ思い切って開口をあけました。
お隣の家がこの部分のみ下屋になっていて、
屋根は近くに見えるが、屋根越しにうまく視線が抜けるようになりました。

c0085722_2105715.jpg


向かって右側に玄関からの引き戸があり、その横に階段。
LDに一旦入らないと、奥の個室にも2階にも行けない動線。
家族のコミュニケーションの為の動線ですね。

c0085722_213476.jpg


LDから階段を望む。
LD上部には3帖ほどの吹き抜けを設けており、
その吹き抜けが階段と向き合っているので、
階段も吹き抜けの一部のように見える設えとしました。
吹き抜け上部にはロフトがあるので、平らな天井となりますが、
階段上部は勾配天井まで吹き抜けているので、
この位置から階段を見上げると、階段の上から2階のロフト、
その上の天井まで視線が伸び、この家の高さを一層感じられるようになりました。

c0085722_115165.jpg


2Fフリールーム。
南側に面し、勾配天井とロフトと一体の空間になっているので、
間口の割には広々とした空間に感ることができます。

c0085722_11325611.jpg


c0085722_11421934.jpg


同じく2Fフリールーム。
南西側に開かれた部分を母屋下がりとして、
低く抑えることで、間延びしがちな部分を抑えました。
ちょうど窓台の高さが座るのにいい感じの高さだったので、
急遽現場進行中に花台と手摺を外部に変更。
低く抑えた勾配天井とともに、いい感じの一角になりました。

c0085722_1146135.jpg


羽子板ボルトが目線に当たる部分に露出し、あまり美しくなかったので、
急遽アクリルと和紙で照明を制作。
違和感無く収まって、今後も改良しながら使っていこうと考えています。

この他にもいろいろな部分に工夫、トライをした物件でしたので、
もっとお話ししたい事がはあるのですが、
長くなってしまったので、またの機会に。
[PR]
by kameplan_arch | 2007-10-16 11:52 | 緑が丘の家/東京
<< ・・・またですか_| ̄|◯ N700に偶然・・・ >>