カテゴリ:竹林安居/東京( 5 )

この薪棚は!

八王子に行く予定があり、
竹林安居の近くを通ったので、
ご様子を伺いに寄らせて頂きました。

そしたら・・・

c0085722_2110917.jpg


凄い薪棚が出来ていました。
この薪棚、全て住まい手さんの手作り。
いや驚きました。
お打ち合わせの時から、
「外構は自分でやります!」
と仰っていましたが、
敷地が結構大きいので、どうかなぁ〜と本音では思っていました。

また、見たことがないこの美しい丸い薪棚。

c0085722_21101080.jpg


海外の写真を参考にされたとかで。

いや、驚きました(笑)

これ以外にも庭の土間石や飛び石、レンガの花壇、木塀に至るまで、
まるでプロはだし。

こういう風に住まいに関わって頂けると、
本当に設計した甲斐がありました。

Kさん、今後も頑張って下さいね(^-^)/
[PR]
by kameplan_arch | 2013-03-17 21:11 | 竹林安居/東京

竹林安居 竣工しました。

先日の竹林安居の見学会には、多数のご来場を頂きありがとうございました。
なかなか北に開く建物を体験していただく事がないため、
ご来場の方からは「北向きもいいね」と仰っていただけました。

竣工写真はホームページにもアップしておりますので、
そちらのほうもぜひご覧下さい。







[PR]
by kameplan_arch | 2011-02-22 19:01 | 竹林安居/東京

竹林安居 Web見学会開催です



先日完成した「竹林安居」の動画をアップしました。
北側のすばらしい竹林を家の中に取り込んでみました。

■建設地:東京都あきる野市
■規模:延床面積 110.92m2(33.55坪)
    1F 66.25m2(20.03坪)
     2F 44.67m2(13.51坪)
■建物概要
 「竹林安居」はその名の通り、敷地北側に大きな竹林を擁し、
 その借景を最大限に生かした住まいとなっています。
 室内空間も大きな片流れの吹き抜けを通じて家全体が繋がり、
 周囲の豊かな自然の中に包まれた、ステキな住まいになりました。

 また、空気集熱式ソーラーシステム(OMソーラー)による床暖房+換気+給湯と、
 太陽光発電の組み合わせで「おひさまの恵み」を最大限に取り入れ、
 玄関と繋がった土間に薪ストーブを設け、
 Co2排出量を限りなく少なくしたエコロジーな住まいです。

 また断熱性能は次世代省エネルギー基準を上回る、Q値2.43(熱損失係数)を達成し、
 暖冷房に消費エネルギーの削減にも配慮しています。
[PR]
by kameplan_arch | 2011-02-10 11:01 | 竹林安居/東京

竹林安居  着々と進んでいます。

先日、竹林安居の設計監理に行ってきました。
竹林安居は北側に竹林を背負った都内でも珍しいゆったりとした敷地で、
その竹林を最大限にいかしたプランにしています。



リビングから北側にある水回りに行く廊下の突き当たりに、
竹林を望めるよう、梁までの大きな窓を設えました。
まだ仮囲いがあるのですっきりとは見えませんが、
完成すれば、ここから風に揺れる竹林を望むことができるでしょう。



トイレに設えた横手摺兼用のカウンター。
きれいに角を落して、かわいく出来ていました。



竹林安居はOMソーラーとともに、太陽光発電もするハイブリットソーラーの家。
太陽光モジュールは、温度によって発電効率が左右されにくいアモルファスとシリコンの、
ハイブリットモジュールなので、設置面積の割には大きな発電容量が得られます。
またパナソニックの場合、屋根材とセットになったタイプもあり、
これだと屋根材に穴をあける事なく設置が出来るため、
長い目で見て、雨漏りの心配が少なくなります。

造作工事も今が佳境、2月末には大まかに姿が出来ると思います。
[PR]
by kameplan_arch | 2010-12-08 22:03 | 竹林安居/東京

竹林安居 土間工事進行中



ここのところバタバタしてブログ更新もままならず、
ブログの記事もずいぶん溜まってしまい、
現場の実際の進みとずいぶんずれが出てきちゃいました(笑)

と言う事で、竹林安居、土間工事進行中です。
(現場はもっと進んでしますが)
この日も気温38℃の中、職人さんは黙々と作業中。
今年は例年に比べて日差しもキツく、気温も高止まりして、
職人さんには非常にキツい夏で、それでも工期通りに黙々と進む現場に、
本当に頭が下がるばかりでした。

その暑さももうすぐ終了。
今後とも、安全第一でよろしくお願い致します。
[PR]
by kameplan_arch | 2010-09-24 09:18 | 竹林安居/東京