カテゴリ:economa2/埼玉( 15 )

「クサリ樋」という方法

玄関庇(ひさし)は、傘を差したり畳んだりするスペースとしてはもちろんのこと、
玄関ドアに直接雨水が当ることを防いで玄関ドアを保護するためにも、
どういうカタチであっても、必ず必要な機能です。
庇があるということは、雨を受けるための雨樋も必要で、
どうしても竪樋(たてどい)も、玄関近くに出てきてしまいます。

c0085722_23443294.jpg
写真の11.5坪の家のように、玄関が敷地の隅っこにある場合はあまり気にはなりませんが、
玄関の位置がそう都合よく決まる訳でもなく、どうしても目立つ位置に竪樋が来る場合があります。

c0085722_23372097.jpg
熊谷のecooma2がその例で、竪樋がきれいに収まる場所がありませんでした。
隠せないのであれば見せてしまえ!と逆転の発想で採用させていただいた、
タニタハウジングウエアさんのクサリ樋「ensui」

c0085722_23362345.jpg
ガルバリューム鋼板を加工したもので、見た目が軽くてスッキリ。
「いかにも!」という感じがしないので、サンプルを見せていただいたときから気に入っていました。
折角なので、水を流して動画を撮ってみました。



見た目に違わず、水の流れもスマート。
多少の水跳ねはありますが、跳ねるのは雨が降っている時なので、それもオツかな〜と。
晴れた日もいいですが、雨の日も楽しめる住まいでありたいですね。



[PR]
by kameplan_arch | 2016-06-08 00:07 | economa2/埼玉

ただ今計測中

前回のエントリーで、OMソーラーがネット経由でモニターできるようになったとお知らせしましたが、
実はkameplanでも、手がけたお宅で建て主さんのご協力が得られた物件に関しては、
一定期間、各個室や小屋裏、床下の温湿度測定をしています。

建物が設計の狙い通りの性能が出ているかどうかは、実際に計測し、分析してみないと分かりません。

その一環として中長期計測を行なっています。



c0085722_20041903.jpg
左上の「OM」と書いている箱が、OMソーラーのデータをネット経由で飛ばすための専用ツール「エコナビゲートウェイ」
左下がkameplanが設置する温湿度データロガー「おんどとり」
右下がデータをネットに飛ばすための、モバイルルーターです。

通常は、建て主さんのWeb環境をお借りして、Wifi経由で専用サーバーにデータを飛ばすのですが、
economa2はネット環境が開通していないため、kameplanにてモバイルルーターを用意して、
OMとおんどとりのデータを、合わせてモニタリングできる環境を整えました。

一昔前に温湿度計測をしようと思うと、専用のPCを設置させてもらって、
定期的にデータを回収にいく必要がありましたが、
この環境があれば、事務所にいるだけでデータのモニタリングが出来ます。

いやぁ、本当に便利な世の中になりました。

economa2で計測したデータは、また取りまとめてアップしますね。




[PR]
by kameplan_arch | 2016-05-04 20:18 | economa2/埼玉

こりゃすごい!!エコナビOM

economa2で導入したOMソーラー。私が10年前まで在籍していた会社で、
屋根に設置した集熱面で、太陽の熱で空気を暖めて、冬は暖房に、夏はお湯取りにと、
年がら年中自然エネルギーを住まいに取り込む、住宅のエンジンの様な仕組みを普及している会社です。

仕組みそのものは本当に単純な機構なのですが、
それを上手く生かすには、設計段階から綿密に集熱量や断熱性能をシミュレーションする必要があります。
ここ最近では断熱性能から年間の室温を類推し、年間の冷暖房費を出せるソフトも出てきましたが、
年間暖冷房負荷計算を、30年も前から住宅で本格的に行なっていたのは、このOMソーラーだけだと思います。

ここ最近ご無沙汰していたのですが、
economa2で導入するにあたり、再度勉強してビックリ。
「大出さん、新しいシステムには制御盤は必要なく、ネットで制御できるんですよ」と。
c0085722_00333369.png
これがその「エコナビOM」の画面。
ここで今日1日の室温、外気温、お湯取りされたお湯の温度、集熱量などが一目で見ることが出来、
さらには全国のOMユーザーさんのお宅とも比較できると言う。
これで取っているデータから、機器設定の間違いや、ハードの故障等も診断できると言うんですから、
いやー、隔世の念です。

さらにはスマホからも見ることが出来るから、外出先から室温をチェックして、
夜冷えそうだなぁ〜なんて思えば、その場で室内に取り込みに切り替えることも可能。

自然エネルギー利用も、IoTの時代なんですねぇ。

[PR]
by kameplan_arch | 2016-05-02 00:39 | economa2/埼玉

economa2 見どころいっぱい

前回のエントリーで、ダイニングルームの景色をご紹介しましたが、
economa2には、もっといっぱい見どころがあります。
c0085722_23402948.jpg
キッチンから見たダイニング。
キッチンは「家全体のコックピット」と位置づけて、1階全体が見渡せるように設計しました。
c0085722_19593231.jpg
ダイニングテーブルからリビングを見ると、テレビが置いてある奥の壁が見えません。
食事のときはちょっとテレビを消して、家族全員でワイワイ話しながら食事を楽しみませんか?
kameplanからのちょっとしたご提案です。

c0085722_20020774.jpg
リビングは30センチ程床を下げて、階段で空間を繫いでいます。
ちょっと下がるだけでも「おこもり感」が出るのか、
コドモ達が座り込んで、おもちゃ遊びに熱中していました(笑)
c0085722_20021501.jpg
リビングは壁、天井とも赤卵漆喰で塗り回しているので、
壁と天井の境目が曖昧で、ふんわりした空間になっています。
その一番奥に、TVやおもちゃを置く棚を設えました。

c0085722_20102249.jpg
リビングからダイニング、キッチンを見ると、空間が切り取られたように見えますね。
床の段差と天井の仕上げを変えるだけで、これだけ「おこもり感」を出すことが出来ます。
c0085722_20121298.jpg
段差を使って「おこもり感」を出したのは、
各階への階段踊場をちょっと大きくして、「スキップスタディーコーナー」も同じです。
どのフロアからも半階分(約1.3M)ずれているので、
視線や気配を直接受けることがないので、個室に似たおこもり感を出すことが出来ます。

また、正面の窓を開け放つと、2つの階に風が入るので、
オープンな階段を通じて、全ての部屋に風を運ぶことが出来ます。

c0085722_20162040.jpg
普通洗面所は、脱衣室と一室にすることがい多いのですが、
そうすると、誰かがお風呂に入っていると、洗面が使いにくくなります。
そこで、思い切って階段横の廊下部分に出してみました。
c0085722_20221178.jpg
写真の右側へ入ると脱衣室、左側がトイレ、その間に洗面をはさみました。
こうすることで、朝混みがちな所の機能分化を行ないました。
洗面も洗面器とミラー部分をずらすことで、2人同時に使うことが出来ますね。
c0085722_20244139.jpg
寝室は「第2のリビング」と位置づけて、
寝るだけではなく、寝る前にちょっと本を読んだり、書き物をしたり出来るように、
ベット部分とそれ以外の部分の天井を張り分けました。

コドモもみんな寝た後に、夫婦2人でお茶やお酒を嗜んでもいいかな?という、
これもkameplanからのちょっとしたご提案です。
c0085722_20272719.jpg
ベット上は高さがあり過ぎても落ち着かないので、白い天井で天蓋を作りました。
L型のまどはそれぞれ東、南に向いているので、爽やかな朝日を受けて目覚めることが出来ます。

窓自体は床まであり、光も風も全面で取り入れられるのですが、床まで見えるとプライバシーが…
そこで、窓の内側にちょっとした棚と、ワーロンという和紙風のアクリル板を入れて、目線が入らないようにしています。

この棚に、お気に入りの小物をディスプレイしたり、
寝る前に読む本を収納してもいいですね。
c0085722_20322366.jpg
3階のコドモ部屋、共有スペースはオープンに。
窓の高さが低いのは、日や風を最大限取り入れるためと、
基準法で規定されている「消防隊進入口」を兼ねているためです。

アルミサッシが全面に見えるのはちょっと興ざめなので、
十字のフレームでサッシ枠を隠しています。
写真では分かりにくいですが、十字のフレームの下部分は転落防止ネットを施しています。

これ以外にも、economa2には様々な工夫がいっぱい。
ご興味があれば、ぜひ見学会にご参加頂き実際に確認して下さい!!

___________________________________________________

こじんまりとしたイエだけど、暮しは大きく、自由に、いいカゲンに。

(株)奈良不動産さんの新モデルハウス「economa2」(エコノマ2)。
この地域には珍しい3階建て。
暮しの機能を見直し、再編集し直したら、
economa(エコノマ)らしい、機能的で融通無碍なイエが出来上がりました。

ぜひ、見学会でお確かめください。

economa2モデルハウス 見学会

日程:4月23日(土)、24日(日) 10:00〜16:00
開催場所:埼玉県熊谷市柿沼676-7

見学会のお問い合わせは、kameplan architectsまでメールにてお問い合わせください。
(工務店さん、設計事務所さんの見学も大歓迎です)

___________________________________________________

[PR]
by kameplan_arch | 2016-04-21 20:40 | economa2/埼玉

economa2 グランドオープン見学会 無事終了致しました。

4/16〜17で開催致しました熊谷・economa2モデルハウスの、グランドオープン見学会、
無事終了致しました。

当初危惧していた天候も、2日とも風邪は強かったもの、快晴で終えることが出来ました。
お陰様でたくさんの方にご来場頂き、「狭小地ではないけど3階建て」という考え方や、
全国各地から吟味して仕入れた素材に、
「初めて見た!」
「これいいね!」
「設計でここまでできるの!?」
と、作り手としては嬉しいばかりの反響を頂きました。

c0085722_23365126.jpg
c0085722_23371161.jpg

特に、ダイニング・リビングに続くデッキとお庭への反響が大きく、
「ここでお昼ごはんとかいいね!」
という声が、一番多かったように思います。

c0085722_23395945.jpg
c0085722_23402948.jpg
その他にも、好評頂いた部分は多かったのですが、それは次のエントリーで(笑)

来週も見学会を開催致しますので、ご興味のある方はお気軽にお越し下さい。

___________________________________________________

こじんまりとしたイエだけど、暮しは大きく、自由に、いいカゲンに。

(株)奈良不動産さんの新モデルハウス「economa2」が出来上がりました。
この地域には珍しい3階建て。
暮しの機能を見直し、再編集し直したら、
economa(エコノマ)らしい、機能的で融通無碍なイエが出来上がりました。

ぜひ、見学会でお確かめください。

economa2モデルハウス 見学会

日程:4月23日(土)、24日(日) 10:00〜16:00
開催場所:埼玉県熊谷市柿沼676-7

見学会のお問い合わせは、kameplan architectsまでメールにてお問い合わせください。

___________________________________________________



[PR]
by kameplan_arch | 2016-04-17 23:43 | economa2/埼玉

もうちょっと

4月16日、17日の見学会目指して、economaⅡの現場は急ピッチで進んでいます。
c0085722_21211796.jpg
内部は大工工事が終わり、現在仕上工事の絶賛追い込み中。
大工さんは外部に移り、1Fデッキや2Fバルコニー、木塀等の作業に。
植栽が入ると、やっぱり建物がしまりますね。

c0085722_21205707.jpg
東面には、下屋の上に組んだ木製バルコニー。
FRP防水でやるよりも低コストで出来るので、今後主力になるかもしれません。

c0085722_21210847.jpg
1Fリビングでは、左官屋さんが下塗り中。
economaⅡでは、1Fはほぼ全面「赤卵漆喰」で仕上げます。
下塗り段階ですが、光が柔らかに反射しているのがわかりますね。
c0085722_21211450.jpg
2F主寝室では、塗装屋さんがAEP塗装中。
ベットを置く部分だけ、天井を張って落ち着きを持たせることを狙っています。

完成まで後もう少し。
完成が待ち遠しいです。


___________________________________________________

こじんまりとしたイエだけど、暮しは大きく、自由に、いいカゲンに。

(株)奈良不動産さんの新モデルハウス「economa2」が出来上がります。
この地域には珍しい3階建て。
暮しの機能を見直し、再編集し直したら、
economa(エコノマ)らしい、機能的で融通無碍なイエが出来上がりました。

ぜひ、見学会でお確かめください。

economa2モデルハウス グランドオープン見学会

日程:4月16日(土)、17日(日) 10:00〜18:00
開催場所:埼玉県熊谷市柿沼676-7

見学会のお問い合わせは、kameplan architectsまでメールにてお問い合わせください。

___________________________________________________






[PR]
by kameplan_arch | 2016-04-02 21:32 | economa2/埼玉

仕上げ待ち

現在絶賛佳境中の、熊谷/economa25モデルハウスに、監理に行ってきました。
c0085722_23405249.jpg
仮囲いもすっかりとれ、外構下地のブロックやコンクリート土間の施工が終わっていました。
前を通るご近所の方に「カフェですか?」なんて質問を受けました(笑)
そう感じていただけるって、嬉しいですねぇ。

c0085722_23455514.jpg
この建物、実はこの方向が真南。
昼間は2面から太陽の恩恵を受けられる配置計画です。
実は、ここに植木屋さんから「ムフフ」な植栽計画の提案を受けており、
早く植え込みが始まらないかなぁ〜と、クビを長くして待っています。
c0085722_23485211.jpg
その真南に面する2面の引き違い窓。
「外付けサッシ」といって、普通のサッシより外側に付けられるサッシにすることで、
サッシの枠を出来るだけ目立たせず、内側に本などを置ける棚を設えられました。
腰まである棚の背面には、ワーロンと言う和紙を接着したアクリルをはめ込んで、
外部からの視線を切る予定です。

4/16のグランドオープンに向かって、現場はGOGOGO!!です(笑)

___________________________________________________

こじんまりとしたイエだけど、暮しは大きく、自由に、いいカゲンに。

(株)奈良不動産さんの新モデルハウス「economa2」が出来上がります。
この地域には珍しい3階建て。
暮しの機能を見直し、再編集し直したら、
economa(エコノマ)らしい、機能的で融通無碍なイエが出来上がりました。

ぜひ、見学会でお確かめください。

economa2モデルハウス グランドオープン見学会

日程:4月16日(土)、17日(日) 10:00〜18:00
開催場所:埼玉県熊谷市柿沼676-7

見学会のお問い合わせは、kameplan architectsまでメールにてお問い合わせください。

___________________________________________________

[PR]
by kameplan_arch | 2016-03-27 00:11 | economa2/埼玉

内部造作、もうちょっと

熊谷市で進行中のeconoma2モデルハウスの監理に行ってきました。

すでに足場は取れて、全貌が見えました。
c0085722_11222899.jpg

c0085722_11223455.jpg


階高が低いとはいえ、やっぱり3階建ては高いですねぇ。

内部も、3Fは大工工事完了。
c0085722_1122385.jpg

手摺でサッシ枠が隠れるような収まりにしてみました。

2Fは佳境、ボード張りを残すまでに。
c0085722_11224277.jpg


1Fは絶賛木工事中(笑)

建主さんである奈良不動産さんと、オープンまでのスケジュールを確認し、

4月16日(土)・17日(日)にグランドオープン日が決定しました!!




また追って詳細を皆さまにお知らせいたしますので、
お楽しみに!
[PR]
by kameplan_arch | 2016-03-13 11:27 | economa2/埼玉

あら、かわいい(笑)

熊谷で進行中のeconoma2モデルハウス。
外壁の焼き杉板がおおよそ張れていると言う事で、現場に確認にいきました。

c0085722_18015876.jpg
黒は黒でもガルバリュームや塗装より、やっぱり木の外壁はいいですね。
シャープすぎず、でも甘くない感じがGood!!
ご近所の方も気にしていただいていた様で、大工さんが外壁を張り出したら、
「木なんだ!?」
と、お声掛け頂けることも多いと、監督さん談。

c0085722_18072946.jpg
内部も床がおおよそ張れてきて、大分室内の感じが見えてきました。
ここはモデルハウスと言う事もあり、実際に体感してもらおうと、
フロアごとに「竹」「ヒノキ」「パイン」と張り分けています。
これは1Fの竹フローリング。
表しの杉の梁、床板ともいい感じでマッチしています。

c0085722_18102991.jpg
外回りをチェックしていて「?」なものが・・・

はて、こんな図面書いたっけなぁと思っていたら、監督さんが
「あ、それ大工さんが間違って作っちゃったんで、なおしま〜す」と。

実は、2F浴室の配管がどうも上手く納まらず、外部にパイプシャフトを張り出した図面を書いていたのですが、
大工さんが勘違いして、巣箱みたいに作っちゃったようです。
これはこれで可愛いんですけどね〜(笑)

3月中旬のオープン目指して、現場はどんどん進みます。

[PR]
by kameplan_arch | 2016-02-06 18:15 | economa2/埼玉

だいぶん雰囲気が見えてきました。


先週もいきなりのどか雪に見舞われた熊谷・economa2の現場。
c0085722_21593653.jpg
今週末〜週明けに、40年振りの大雪予想でしたが、
日中は風は冷たいものの、日向は心地よい快晴でした。
c0085722_22065452.jpg
外回りは、塗り壁になる部分に「バラ板」という、左官下地になる板が張り付けられていました。

c0085722_22094250.jpg
このバラ板(ヨコに透かして打たれている板)、つい昔までは外壁下地にいきなり打たれていたのですが、
そうしてしまうと、万が一塗り壁内部に水が入った場合、構造上重要な構造用合板を濡らしてしまい、
腐らせてしまうのでした。
kameplanでは塗り壁下地に通気層をとるために、バラ板のしたに18ミリの通気層を設け、
水が入っても抜けるようにと、左官裏側が常に乾燥状態になるように収めています。
建物を長く持たせる一手間、と言うところです。

c0085722_22133230.jpg
現場は1F、2Fと大工さんが1人ずつ入って、急ピッチで進めて言います。
(断熱材の施工方法が間違っていますねぇ。ここは大工さんに手直ししてもらう様お願いしました)

この建物、正面に見える左側のサッシが南東向き、右側が南西に向いています。
つまり、真南に45度建物が振れていて、1日中日が入るように配置を決めました。
私たちはちょうど良かったのですが、作業をしている大工さんにはちょっと暑い様で、
窓をあけて作業されていました。
(この大工さんの作業台、ミッキーにくりぬかれているのがかわいいですね(笑))

c0085722_22205547.jpg
1Fのリビングルームが、おおよそ空間的に見えてきました。
ここは30センチほど掘り下げて、手前のダイニングと空間を切り替えています。

1月いっぱいでおおよその内部造作下地が終わり、1月末に外壁材の納品。
外壁材は・・・懐かしの焼杉。
大工さんの仕事はこれからも続きます。




[PR]
by kameplan_arch | 2016-01-24 22:25 | economa2/埼玉