カテゴリ:しぜん( 6 )

手前味噌仕込み、完了!

浜松に越してきて、はや10年。
我が家で越してきてからずっと続けているのが、みそづくり。
最近の味噌にはダシやいろいろなものが入っていて、
便利なんだけどちょっと不安。と言う事で、味噌を造り始めました。



味噌を作っていると言うと、「難しいんじゃないの?」といわれますが、全然簡単!(笑)
買ってくる方が手間がかかると思う位です。

かんたん、かんたん
[PR]
by kameplan_arch | 2010-03-26 14:24 | しぜん

台風のしっぽ

先日の、一発目にも関わらず上陸した台風。
その台風がハママツを通過したのは夜半過ぎ。
翌朝にはすっかり晴れ渡っていた・・・・

c0085722_1055367.jpg


・・・のではなく、単に私が起きるのが遅かっただけ。
朝方はまだ暴風圏の中にいて、
カミサンが起きた頃にはまだ嵐の中だったらしい。
私が起きるほんの少し前に晴れ間がさしてきたとの事。

で、ベランダから東の空を見てみたら、
それらしい雨雲が見えたので撮ってみた。

これが台風のしっぽかな?
[PR]
by kameplan_arch | 2007-07-26 10:34 | しぜん

夏だね〜

一発目の台風が直撃すれすれで通り過ぎたら、
新潟でまた地震でびっくり。
台風と地震が同時でなかっただけでも幸いでした。

台風一過、蝉が一斉に鳴き出した。
夜は涼しい風が吹いてくれますが、日中は夏本番!!というぐらい暑いですね。
ウチの事務所にはエアコンがないので、風がないと蒸してしまう。
でも、窓全開で仕事していて涼しい風が吹き込むと、
図面がみごとに舞い踊る。(涙)
もともとエアコンが苦手なので、仕方がないです。

d0039780_2327696.jpg

今日も蒸されながら、計画案のスケッチと格闘。
格闘し過ぎて行き詰まったので、息抜きに昼食ついでにお散歩に出掛けた。
お散歩途中の本屋さんの軒先に、燕の巣を発見。
もう親鳥と同じぐらいに大きくなったひな鳥が、
親鳥の帰りを首をなが〜くして待っていた。
もうちょっとで巣立ち。
燕が巣立つと夏本番。

巡回中の?
[PR]
by kameplan_arch | 2007-07-17 23:42 | しぜん

おれんぢ色の憎いヤツ

先日御蔵島に一緒にいった方から、
ドルフィンスイムの時の写真をいただきました。
いや、もう感激ですね!!

なかなか自分が泳いでいる時の写真など見る事が出来ないので、
アップしちゃいますっ!!

c0085722_22364277.jpg


はい、やっぱりイルカはかっこいいですね。
御蔵のイルカは小笠原のイルカに比べて、何となく寸胴で太め。
体色も薄めで、筋肉の盛り上がりも丸っこい。
しかも、下あご(フンといいます)がシャクレ気味。
ま、総じて「かわいい」部類に入るのではないでしょうか。

で、後ろに映っている、やけに派手なウエットを着て泳いでいるのが・・・
・・・・私です(涙)

おれんぢ色の憎いヤツ(涙)
[PR]
by kameplan_arch | 2007-06-25 22:53 | しぜん

さくら まんかい

ここのところなんだかバタバタしていて、すっかり更新が滞っていました。
気持ちに余裕が無いと、ブログって書けないですよね。

で、ここ最近の「美しいもの」づくし。

10日ほど前の我がハママツ市内某所の「隠れ名所」のさくら。

c0085722_23353629.jpg


ん〜、まだまだつぼみが堅かった。

しかし、10日の間仕事で各地を回っていると、そりゃ奇麗なところがいっぱいでした。

各地から報告です(笑)
[PR]
by kameplan_arch | 2007-04-03 23:46 | しぜん

追:不都合な真実

先日見た映画「不都合な真実」の書籍化されたものがあると聞いて、
出張帰りに八重洲ブックセンターによって買ってきた。

c0085722_2030654.jpg


映画の中ででてきたデータを、もっと落ち着いてみたいと思い、
帰りの新幹線の中で半分ほど読んだ。

買うときに中身を確認せずに買ったのだが、
開いてみてびっくり。
300ページオーバーのその本は、映画で紹介したものののデータ集というより、
映画そのもの。
台詞ででてきた細かなデータ解説まで入っている。

多面的にそろえた温暖化データを、
ここまでわかりやすくしたものは未だかつてなかったのではないだろうか。
しかし、所詮書籍なので、ゴアの伝えたかった「感覚」はなかなか伝わってこない。
あのヒリヒリしたような、不思議な感覚だけは映画を見ないと伝わってこない。

ぜひ映画を見たあとに、この書籍に目を通してほしい。
既に温暖化が起こっているか云々という論議をしている段階ではなく、
それにどう対処するべきか、その事を政治、文化、人種を越えて議論するべきだと
再度痛感した。
[PR]
by kameplan_arch | 2007-02-01 20:36 | しぜん