人気ブログランキング |

沖縄紀行〜美ら海水族館〜



名護市庁舎を後にし、目指すは「沖縄美ら海水族館」(2002年 設計/国建)。



元沖縄海洋博会場を再整備し、2002年に再オープン。
エントランスのプレキャストコンクリートのアーチが美しいですね。







美ら海水族館名物の「黒潮の海」
30センチはあろうかというアクリルを現場溶着した水槽は圧巻。
目の前をジンベエザメが通り過ぎて行きます。



外に出ると何か解体現場が。
海洋博のときに建てられた、槙文彦設計の「沖繩海洋博覧会水族館」を解体中。
こちらもプレキャストコンクリートを駆使して、大空間を作った秀作。
既に30年以上が過ぎているとは言え、もう少し活用できなかったのかと思いました。



同じ形の部材を連続して使って、空間を形作る技法。
この部材と接合部に至るまで、ずいぶん多くのスタディーが起こされたのでしょう。
水族館に来てまでそういう部分に食いつくあたりが、ちょっと(笑)



で、個人的な目的だった、人工尾びれを持ったバンドウイルカ「フジ」との再会。
残念ながらフジは水槽の反対側で遊んでいて、写真には撮れませんでしたが、
相変わらず尾びれも着用して、元気で良かったです。



そして国道58号線を南下しているとき、西の空に夕日が落ちて行くのを眺めていました。
南国らしく赤く染まった海と空は、「沖縄に来たんだなぁ」という実感を更なるものにしてくれました。

この夜は、北谷の沖縄料理屋さんで大盛り上がり。
夜遅くまで飲みながら建築について話し合いました。

3日目は帰る前に中村家住宅へ。
詳しくは次のエントリーで。
by kameplan_arch | 2009-05-03 00:02 | kameの車窓より
<< 沖縄紀行〜3度目の中村家住宅〜 沖縄紀行〜名護市庁舎〜 >>