御蔵島 行ってきました。

先日15日〜17日にかけて、御蔵島の南郷にある小民家の改修に行ってきました。



東京/竹芝桟橋を夜10時に出航。
出航するとレインボーブリッジの下を走り、東京湾へ。
横浜港沖をを過ぎると海風が心地よく、夜景を見ながらのビールは格別です(笑)

御蔵島の地図はこちらへ。



翌朝御蔵島に到着し、ちょっと休憩を入れた後、いざ南郷へ。
南郷は、御蔵島の「里」と呼ばれる中心地から車で小1時間ほど行ったところにあり、
途中にある「川田橋」から、水の豊富な沢が眺められます。
伊豆七島の中でも、水が豊富な事で有名な御蔵島。
高い尾根に当たった雲が水滴になり、木々を伝ってこの沢の流れになります。
この水がまた美味しいんです。


南郷に到着すると、早速整備開始。
大自然の中にあるので、ちょっと放っておいただけでも草ぼうぼう。
鎌では間に合わないので、このように草刈り機で一気に片付けます。


そして今回のチャレンジ!
ロケットストーブを現地で組んでみました。
伝兵衞堂さんで予行演習を行っていたので、制作は小1時間でばっちり。
持ち込んでいたカセットコンロのゴトクを流用して、調理開始。
右側に見えるのが焚き口ですが、この程度の枝で十分な火力発揮。
このときはロケットストーブでカレーを作りました。


南郷はカツオドリ(オオミズナギドリ)の営巣地。
日が暮れ始めると鳴きながら戻ってきて、夜明け前にまた飛び立ちます。
この時期はひなが一気に大きくなる時期で、親鳥も餌運びに大わらわ。
朝方は鳴き声で森が包まれ、大自然のど真ん中にいる事を実感出来ました。


本当は現地2泊3日の予定でしたが、体調不良(泣)と、
翌日の船が着岸出来ない可能性が大きかったので、1日早く出島。
帰りの船の中からみた御蔵島。
右側(西)から吹く風が島に当たって雲になり、左側(東)に流れている様子が分かります。
この雲が、御蔵島に豊富な水を与えてくれ、
その水で森が育ち、土が肥え、海へ流れ込み魚を養い、イルカが住む島になったんですね。
コンパクトな島なので、そのコトが肌で実感出来ますね。


帰りの東京湾での夕日。
すれ違う客船が見た事が無い船だなぁと思っていたら、
どうやら小笠原行きのチャーター船だったらしいです。
船の中でTwitterをやっていたら、知り合いが500人の子供を引率して、
小笠原に向かっていた船だった模様(笑)
こんな所ですれ違いに気がつくTwitterって、すごいっすね。


一緒になった御蔵島帰りの方が、今日は横浜の花火かも?
と言う事で、デッキに陣取っていると確かに。
今年はまともに花火をみることができていなかったので、
遠くて小さかったですが、感慨深かったですね。

ということで、体調不調のために現地2日の滞在となってしまい、
バタバタで島を後にしましたが、私が帰った次の日には、
南郷の古民家で15名のファミリープログラムが行われます。
その模様は、主催団体のbridgeのブログで。
[PR]
by kameplan_arch | 2011-08-19 12:29 | 御蔵島自然学校/東京
<< ヤマでの打合せ〜天竜杉 天然乾燥材〜 一斗缶ロケットストーブ、おそるべし。 >>