人気ブログランキング |

中間検査でひと区切り

先週、T様邸の基準法中間検査、フラット35中間検査、
瑕疵保証中間検査の3つを一気に受けてきました。

・・・といっても、見る内容は同じで、申請先も同じなので、
3つの検査を1回で行うのですが(笑)

私が設計を始めた頃は、民間検査機関というものはまだ無く、
フラット35(当時は住宅金融公庫)の検査は別建てで行われ、
上棟後は検査の嵐だった頃が懐かしく思えます。

c0085722_22385010.jpg


先週の監理の時には出来ていなかった耐力壁も施工済みで、
ユニットバスも出来上がっていました。

c0085722_22402933.jpg



東側正面から眺めるとこんな感じ。
片流れの大屋根のみでスッキリ。
ブルーシートで養生しているところは、これから木製建具を施工して行きます。
c0085722_22402088.jpg




T様邸の軒裏は杉板張りで、軒先から張り始められていました。
まだ張られていないところには、
屋根の内部の通気を採るための吸気口を施工するのですが、
折角の軒先なので、kameplanオリジナル納まりの
「スッキリ吸気口」で今回は計画しています。
さあ、どう仕上がるか楽しみですね。

c0085722_22402416.jpg



お隣のショールーム、奥の事務所入口には柿の実が。
もうすっかり秋なんですねぇ。
by kameplan_arch | 2012-10-15 22:48 | T邸再開発事業【自宅】/静岡
<< 藤森教授の白熱教室 あっというまに・・・ >>