工事請負契約 締結!!

c0085722_2135767.jpg


実弟の自宅でもある「10坪の家」、工事請負契約締結と相成りました。
写っているのは同行した長女、次女と、施工をお願いする事となった昭和住宅の営業サンタさん(笑)

思えば1年前、弟自宅とその隣にある私の実家を繋げて、大リノベーションを計画したのですが、
法的、構造的、コスト的障害が大きく、それでも工務店さんに協力いただき、
見積、コストダウン案まで進み、「さあ決心!!」という局面で、
なんと弟自身の転勤話が浮上(泣)
急に先が見えなくなり、慌てて事を進めると弟自身の人生の判断に影響があると考え、
一旦中止。

その後、転勤話は立ち消えて・・・・・
まあ、家作りにはよくある事です。

ここで、身内物件ということで、クライアントのスペックを公開!!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●実弟
  40歳 外資系企業に勤める、管理される側から管理する側にシフトする悩み多き年頃。
  家では箸一つも動かさない定年離婚されるタイプ。その割には決断できない優柔不断。

●義妹(実弟ヨメ)
 38歳 現在は老人施設に勤める、働き者のヨメさん。
 弟の横暴振りによく付いて行く、本当に出来た女性。
 家作りのうえで欲しいのは「洗濯物をいっぱい干せる大きなバルコニー」と、
 「雨の日でもちゃんと干せる浴室乾燥機」

●長男
 17歳 高校2年生。自分探しで迷子になっている、典型的な思春期世代。
 とにかく一人部屋がほしいらしい。(直接希望は聞いていない)

●長女
 16歳 高校1年生 。2人目らしくお母さんをしっかりサポート。
 将来の夢は幼稚園の先生。彼氏とラブラブ中。

●次女
 14歳 中学2年生。天然っぷりが可愛い少女世代。
 夢はケーキ屋さんか看護師さん。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

まあ、標準家族とも言えるスペック。
世間一般と比べると、子供が年頃の割には、家族間の距離が近いのが特徴。
その近い距離を壊さない様、でも自立を促す様にプランをしました。
また35年ローンを考えると、完済時には75歳という、とても払えない年齢。
急な出費にも備え、繰り上げ返済も考えながら総工事費を設定しました。

この辺りはおいおいアップして行きます。
(直接お問い合わせいただけましたら、事例と言う事でお話しできます)

年明けには解体着工、5月末に完成の予定です。
[PR]
by kameplan_arch | 2014-12-23 23:29 | 11.5坪の家/兵庫
<< 見学会のお知らせ Pininfarinaのペン >>