economa2 構造監理

先週、無事上棟したeconoma2モデルハウス。
上棟後しばらくは、設計監理に現場にまめに伺うことになります。
というのも・・・
c0085722_23272177.jpg
土台敷き込み〜上棟までの間は、納入された柱や梁が、設計通りに加工されているか、
それが精度よく組まれているかを、組みながら確認をしていきます。

構造が組み上がると、次は耐力壁や筋かい、構造金物の取付けが行なわれるのですが、
これがタイミングよく現場に伺わないと、チェックしたくても見えなくなったり、
もし間違っていたものが付いていた場合、取り替えるのも難しくなることがあるからです。
今回はジャストのタイミングで伺うことが出来、すべての確認を終えることが出来ました。

この構造監理の時に、kameplanでは全金物の写真を撮り、監理報告書として残しておきます。
というのも、後々リフォームや増改築を行なうとき、図面だけだと細かな部分の確認が難しく、
どうしても計画段階で一度めくってみて確認、という一手間が発生することが多いのです。

なるべくリフォームや増改築の計画段階で把握出来れば、細かな部分まで構造検討が出来、
結果、コストも抑えることが出来るのです。

c0085722_23360466.jpg
出来上がったものだけが建物ではなく、その図面や記録を含めて、
ようやく資産として保全が可能になる、そうkameplanは考えています。

今回の構造監理は、細かな部分で是正が発生しましたがおおよそ合格。
3階建ては建築確認の中間検査があるので、次回監理はその立ち会いです。




[PR]
by kameplan_arch | 2015-11-02 23:41 | economa2/埼玉
<< 木造住宅は燃えやすい!? 祝!上棟 >>