人気ブログランキング |

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

公共建築物も木造に。

去年の通常国会にて成案された「公共建築物木材利用促進法
その成案よりも前に計画され、この春供用開始される「天竜区役所」の
見学会の案内を頂いたので、早速行ってきました。


この庁舎棟は、平面的に3つのRCのコアの間に、2つの木造を挟んだ構造。
木造建築物は1000m2以内で防火区画が必要になるが、
RCコアで防火区画を構成する事で、それぞれを1000m2以下に抑えている。
また、RC部分で水平力を持たせる事で、木構造を開放的に見せている。

接合部は金物ジョイントでボルトで固定。
木の仕口では木造ラーメン構造の評価がしにくいと言う事でしょう。
柱は130角を4本組み合わせてボルトでつないで使用。
天竜材を使うとは言え、大径木が大量にはそろわないので、
柱も梁(トラス)も市販サイズに近い材料で、
構造を構成しているところに好感が持てました。

もう一つは、天竜区役所近くにある浜松市立光が丘中学校の体育館。
ここは小屋組に天然乾燥のスギを丸太のままで使う「スケルトンログ工法」
丸太のまままで使っているだけあって、スケール感がすごい。
しかも、材の調達には生徒たちの家に協力をあおぎ、
所有している山から伐採してきたものを使っていると言う。

葉枯らしの天然乾燥材の丸太なので、乾燥の管理と加工後の収縮、
カビの発生に現場か苦労したと言う事でしたが、
すべては時間を持ってきちんとやれば解決できる事柄。

公共工事と言う予算年度に縛られる工事だと、木材の乾燥加工と時間の流れが合わない。
材の調達と工事を分ける発注等、この2つの事例に限らず共通して言える課題が多いですが、
公共建築物が木造にシフトすると言うことは、
民間の建築物にも木造を導入しやすくなるキッカケになります。
今後の発展が楽しみですね。


┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 「竹林安居」完成見学会開催します。

「竹林安居」はその名の通り、敷地北側に大きな竹林を擁し、
その借景を最大限に生かした住まいとなっています。
室内空間も大きな片流れの吹き抜けを通じて家全体が繋がり、
周囲の豊かな自然の中に包まれた、ステキな住まいになりました。
見学会のお申し込みはこちらまで。
お申し込み後、開催場所等のご案内をお送り致します。

 ■開催日時:2月5日(土)〜6日(日) 10:00〜17:00
 ■開催場所:東京都あきる野市
 ■建物概要:木造2階建、110.92m2(33.55坪)

断熱性能は次世代省エネルギー基準を上回るQ値2.43w/m2K(熱損失係数)
おひさまの恵みを頂く空気集熱式ソーラーシステム(OMソーラー)+太陽光発電
補助暖房にはカーボンニュートラルな薪ストーブを導入。


┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
by kameplan_arch | 2011-01-31 10:37 | けんちく日記

蓄熱式暖房機 なかなかやりよる。

先日、建築士会の仲間が見学会を行うと言うので、お邪魔してきました。



建物に入ると、ほわっとした暖かさ。
単純に断熱がしっかりしていると言うだけでなく、建物が冷えていない感じの暖かさ。
エアコンで暖めた不自然な暖かさとは全く質が違う快適さ。

はじめは床暖房かな?と思っていましたが聞いてみると、
写真の暖房器具のせいだとわかりました。
日本スティーベル社の蓄熱暖房機で、深夜電力で機械内部の蓄熱体に蓄熱させ、
日中は自然放射で暖めるという暖房機。
輻射暖房だったので包まれるような暖かさだったのでした。

深夜電力契約を利用することでの疑問は残りますが、
自然エネルギーを十分に使えない立地や、火を使う暖房設備が使えないところ、
コスト的に見合わない建物などでは、考慮できる暖房器具だと感じました。

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 「竹林安居」完成見学会開催します。

「竹林安居」はその名の通り、敷地北側に大きな竹林を擁し、
その借景を最大限に生かした住まいとなっています。
室内空間も大きな片流れの吹き抜けを通じて家全体が繋がり、
周囲の豊かな自然の中に包まれた、ステキな住まいになりました。
見学会のお申し込みはこちらまで。
お申し込み後、開催場所等のご案内をお送り致します。

 ■開催日時:2月5日(土)〜6日(日) 10:00〜17:00
 ■開催場所:東京都あきる野市
 ■建物概要:木造2階建、110.92m2(33.55坪)

断熱性能は次世代省エネルギー基準を上回るQ値2.43w/m2K(熱損失係数)
おひさまの恵みを頂く空気集熱式ソーラーシステム(OMソーラー)+太陽光発電
補助暖房にはカーボンニュートラルな薪ストーブを導入。


┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
by kameplan_arch | 2011-01-28 13:07 | けんちく日記

驚愕のパッシブハウス〜桜ハウス玉川〜

先日、浜松市主催のJIA環境行動ラボのセミナーに参加してきました。



全国の様々な学校エコ改修の事例や新設の公共施設のエコ化についての事例紹介が主でしたが,
最も驚いたのが長野県茅野市にある「桜ハウス玉川」という小規模多機能ホーム+訪問看護ステーションの事例紹介。
なんと、RC外断熱で壁にEPS300mm、屋根にEPS400mm!!
サッシは木とアルミの複合サッシ+真空トリプルガラスでU値1.2W/m2K!!
合わせてQ値は0.6W/m2k!!次世代省エネルギー基準の約1/4です。

今までいろいろな事例を聞いてきましたが、
これほどの超高断熱仕様は聞いたことがありませんでした。
ここまで高断熱にすると、夏場のオーバーヒートが気にかかりますが、
ここは茅野市と言う長野でも寒い地域。
RCによる蓄熱量の多さと、断熱材の300mmの厚みそのものが庇と同じ役割をし、
簾やパーゴラでの日射遮蔽の工夫もしてあり、
冷房も殆ど使わなかったとのことでした。

またイニシャルコストとランニングコストとの関係が気になりますが、
想定冷暖房費が年間290万に対して、実際の年間冷暖房費が38万円。
1年で想定冷暖房費が250万円節約できると言う事です。
それに対してコストアップ分は1500万円。
1500万円÷250万円=6.0。つまり6年で償却できてしまうと言う計算。

高齢者施設ですので「お金がないので暖房を控えめにします」と言うわけにはいかない。
施設の特性上、温熱環境を安定させることが施設クオリティーを上げることだと、
運営側が十分理解し、それに対して設計側がきちんとした設計とデータ解析を行ったから、
このような施設が出来たと。
もちろん、消費エネルギーも低く抑えられるのでエコロジー。

超高断熱がすべてを解決するとは思いませんし、
立地する地域によってはもう少し違うアプローチもあったと思います。
しかし、実際にこのような施設が日本でも「経営的に」建設され、
運営されていると言う事に驚きを感じました。

※記述に関しては下記ページを参考にしました。
「省エネ住宅の王道とは? 桜ハウス玉川」〜インスペクター大下達哉の「建物調査日記」〜
日本のパッシブハウスの嚆矢「桜ハウス玉川」訪問記〜鵜野日出男の今週の本音〜


┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 「竹林安居」完成見学会開催します。

「竹林安居」はその名の通り、敷地北側に大きな竹林を擁し、
その借景を最大限に生かした住まいとなっています。
室内空間も大きな片流れの吹き抜けを通じて家全体が繋がり、
周囲の豊かな自然の中に包まれた、ステキな住まいになりました。
見学会のお申し込みはこちらまで。
お申し込み後、開催場所等のご案内をお送り致します。

 ■開催日時:2月5日(土)〜6日(日) 10:00〜17:00
 ■開催場所:東京都あきる野市
 ■建物概要:木造2階建、110.92m2(33.55坪)

断熱性能は次世代省エネルギー基準を上回るQ値2.43w/m3K(熱損失係数)
おひさまの恵みを頂く空気集熱式ソーラーシステム(OMソーラー)+太陽光発電
補助暖房にはカーボンニュートラルな薪ストーブを導入。


┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
by kameplan_arch | 2011-01-26 10:44 | けんちく日記

雪景色満載、高山へ

先日、建築士会東海北陸ブロック会 青年建築士協議会の会合で,
高山に行ってきました。



高速の東海北陸道が出来てから、飛騨地方は静岡からも本当に近くなり、
スキー等で何度か行ったことはあったのですが、
今回は時間的、雪的なこともあって電車で移動。
おかげでこんなにステキな風景にも出会えました。



しか〜し、今回はスケジュールが合わず残念ながら日帰り。
自動的に駅から会議室直行直帰というもったいないことになってしまいました。
この景色も会議を行った会議室からの夕景。
もう少し行くと三町や下二之町の伝統的建造物郡保存地区があり、
この雪と相まって、本当の高山の風情が味わえたのに(泣)



駅の近くは風情のある建物が少なくなっていましたが,
ちょこちょことこんな風情のある料理屋さんも。
あ〜、もったいない、と思いながら写真で我慢(笑)



そして追い立てられるように最終特急に。
雪の中の鉄路もまた味がありますね。

来月、高山で大会を行うので、その時に思いっきり味わおうと心に決めました(笑)

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

 「竹林安居」完成見学会開催します。

「竹林安居」はその名の通り、敷地北側に大きな竹林を擁し、
その借景を最大限に生かした住まいとなっています。
室内空間も大きな片流れの吹き抜けを通じて家全体が繋がり、
周囲の豊かな自然の中に包まれた、ステキな住まいになりました。
見学会のお申し込みはこちらまで。
お申し込み後、開催場所等のご案内をお送り致します。

 ■開催日時:2月5日(土)〜6日(日) 10:00〜17:00
 ■開催場所:東京都あきる野市
 ■建物概要:木造2階建、110.92m2(33.55坪)

断熱性能は次世代省エネルギー基準を上回るQ値2.43w/m2K(熱損失係数)
おひさまの恵みを頂く空気集熱式ソーラーシステム(OMソーラー)+太陽光発電
補助暖房にはカーボンニュートラルな薪ストーブを導入。


┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
by kameplan_arch | 2011-01-24 17:06 | kameの車窓より

薪ストーブセミナーを公開!!

先日、浜松の薪ストーブスペシャリスト「伝兵衞堂」さんのセミナーで使用したスライドを、
折角なので動画にしてみました。

最近、薪ストーブを導入するお宅が増えてきました。
カーボンニュートラルという側面からも良い事ですよね。
ただ、薪ストーブは他の暖房設備に比べても熱量が大きく、
空気の流れを考慮せずに設置すると、かえって不快感が増す場合があります。

「熱と空気のデザイン」をきっちりすれば問題が起きにくいので、
その辺りの原理や対処法等を動画にしました。
これから薪ストーブをお考えかの方は、ぜひご覧下さい。


by kameplan_arch | 2011-01-21 11:29 | Web住まい教室

便利もの〜The Magic Charger Wireless Charger〜

あっという間に松の内も過ぎ、ブログの更新も滞り・・・・
コレからはがんばって定期更新やっていきま〜す(笑)

ということで、年末の大掃除で机廻りを整理していて、
やたら多い使用済みのマウスの電池。
充電式電池を使えばいいのですが、
充電器に電池を放置して電池がダメになった事数えきれず。
特にMacのマウスは使用頻度が高いので、電池の消耗が早い。

ということで、コレを導入しました。



The Magic Charger Wireless Charger for Magic Mouse

Magic Mouseの電池の代わりにモジュールをセットし、
パットに乗せて電磁誘導で充電するものです。

年明けから使っていますが、電池よりもモジュールが軽いので操作性も良く、
充電もパットの上に乗せるだけなのでラクチン。
なんと言ってもMacのデザインにマッチしているのがお気に入り。

良いもの見つけちゃいました(笑)
by kameplan_arch | 2011-01-18 13:40 | けんちく日記

本年もよろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

実は。年末から4日まで神戸の実家に帰っていて、
5日から東京へいきなり東京への出張。
スロースタートで始まるかと思いきや、いきなりのダッシュ(笑)
まあ、正月ボケが一気に解消できて良かった良かった(笑)



神戸へはウチの看板ネコ2匹ももちろん連れて帰りましたが、
東名〜新名神〜名神〜中国道での帰省渋滞にズッポリはまったのと、
慣れない車移動なので、ちょこちょこ大休憩を取っていたので、
350km位の移動に10時間もかかってしまいました。(笑)



車の中は彼らのゲージが一番場所を取っていたのは言うまでもありません(笑)

さて、今年はどんな出会いがあるのでしょうか。
今からワクワクなkameplanです。
by kameplan_arch | 2011-01-07 11:40 | けんちく日記

スタッフプロフィールその2

c0085722_0452387.jpg
■プロフィール■

亀崎 美智子(かめざき みちこ)

一級建築士登録 317688号
静岡県地震被災建築物応急危険度判定士
静岡県耐震診断補強相談士
kameplan architects(カメプランアーキテクツ 一級建築士事務所)の管理建築士です。









1969年2月 東京都に生まれる
       多摩地区の公立中学、高等学校を卒業


1987年4月 専門学校 中央工学校 建築室内設計課 入学
       卒業制作ではディスコを収容する複合商業施設を設計する
       バブルの申し子!?


1989年3月 商業施設の内装設計・施工会社 株式会社 スペース 入社
       婦人服、紳士服、宝石店、薬局、雑貨店、酒屋、ベーカリー、
       おもちゃ屋など主にショッピングモール内の専門店の設計から
       積算、発注、現場管理の一貫業務を行う。


1995年9月 ワーキングホリデービザを利用してカナダ バンクーバーへ渡航
       ラーメン店や寿司屋でアルバイトしながらアパートを借りて生活。
       バックパックを背負い、およそ1ヶ月半のカナダ横断を終えて帰国。


1997年1月 (株)バンタン総合研究所(現/株式会社 バンタンデザイン研究所 入社
       設計職から一時離れ、社会人向けのデザイン系キャリアアップ
       スクールのスタッフに。
       コース別カリキュラム編成、講師手配、広報、販促のための
       イベント企画・運営や入学営業を担当。


1998年3月 ICERC Japan主催の第7回国際イルカ・クジラ会議参加
       国際フォーラムや海や山でのフィールドプログラムの企画、
       運営ボランティアは組織運営やイベント運営の貴重な経験。


1998年6月〜12月 東京都立武蔵野技術専門校エクステリア科
       やっぱり設計職に戻りたくて二級建築士試験の勉強をしながら
       専門校へ通う。
       セメントこねたり、ブロック積んだり、鉄筋を溶接したり…
       卒業制作では石畳、築山、つくばいから水琴窟(すいきんくつ)まで
       グループで植栽も含めた「茶庭」を実際に施工。


1999年1月 二級建築士免許取得


1999年11月 パートナーの転職に伴い浜松へ移住


2000年11月 浜松の建設会社株式会社 シーン・メイキング 建築部の設計職として入社
       携わった設計は個人住宅、共同住宅、事務所、店舗、工場まで
       多岐に渡るが、2006〜2007年に渡って携わった免震構造
       RC造賃貸マンション2棟の設計、施工は印象深い。


2005年2月 一級建築士免許取得(遅咲きです…)


2011年10月 パートナーと共に東京へUターン


2011年11月 kameplanアーキテクツ一級建築士事務所 の管理建築士として登録


kameplan代表の大出の妻です^^
by kameplan_arch | 2011-01-01 00:00 | プロフィール